セル付きのニューバージョンが発売されたみたいですね。これで最初、キックで苦労することはなくなりましたな。まぁ昔は苦労したんよってことでこのページ、残しておきます。

始動

ssの始動はキック式のみです。セルが付いてないんですねぇ〜。キックペダルにご丁寧に「KICK STARTER」と書いてあります・・・。

乗り始めの頃、給油し15分ぐらいエンジンがかからず大変恥ずかしい思いをしました(^^;

まだコツを掴めていない方は、下記を参考にがんばってください。

私が学んだだコツを少し…。

  1. チョーク引きます(夏でも)。
  2. 2、3回キックアームを上下。
  3. 上下しているうちに固くなります。そこでSTOP。
  4. アクセルを回さないように注意して、蹴ります(アクセルを回すのはエンジンがかかってから)。おもっきり蹴らなくてもかかる時はかかります。
  5. 1500回転ぐらいでアイドリング。
  6. アイドリングが安定すれば完成です。って私の場合よくアイドリング中に止まりますが。

一度かかると次ぎからはチョークを引かないでも大丈夫です。何度かやって駄目な時にはチョークを引きます。

某有名掲示板曰く・・・

  1. スタンドは立てたまま(他車種によっては折れるみたいだが、ホンダは大丈夫と言ってたらしい)
  2. キーをオンにしてNランプ確認>一度キーをOFFに回す。
  3. 左足はステップに、右足でキックバーをゆっくり押し下げてスコンスコンと圧力の抜けたのが2〜3回判る位置まで持っていく。
  4. 今度はゆっくりバーを上げる>するとカチカチ音が鳴るんで鳴らなくなる位置まで上げる。でもう一度ごく軽く抵抗があるまで踏んで止めとく。
  5. 蹴る準備が整ったらこの時キーをONに回し、チョークを全開。アクセル回さない様ブレーキをしっかり握って思いきり蹴る。
  6. 4・5回やって駄目なら最初からやりなおしてみる。
  7. かかったら2000回転ぐらいでしばらくアイドリング。
  8. アクセル離して1500くらいで落ち着いたらスタート。

キーをONにすると、ランプ類が全て点灯します。なかなか、かからないとバッテリーが上がってしまいます。

色々参考にしてみて下さい。

押しがけ

何回かキックしてエンジンがかからなかったら、「押しがけ」が簡単で楽でええかもしれません。下り坂などでやると一発です。

  1. スイッチをONにし、2速にギアを入れてクラッチをきりながらバイクを走らせます。
  2. 勢いがついたらまたがり、クラッチをつなげます。
  3. エンジンが「ゴボゴボ」っていっら、クラッチをきって、アクセルをまわします。
  4. 以上。

雨の日などはタイヤのグリップが負けてうまくいかない時もありますが、エンジンが暖まっていたら一瞬でかかります。下り坂ならキックするより楽かも。エンジンにはよくないのかな?


Back to CB400ss
(c)a340