単気筒

CB400SSは当然単気筒です。購入する時にバイク屋の人が「トルクがあって、ずんずん前に押し出す感じでええよぉ〜」って言っていた。私にとってコレは全く殺し文句になりませんでした。見た目がカッコよろしかったから買っただけです。

バイクとか車とかに詳しくない私は「トルク」と言われてもサッパリ。単気筒と言われても、「ピストンが1つやんなぁ〜」ぐらいしか判らない。単気筒の特性なんて購入時点では全く知らなかった。

以前友人のSR400を乗った時に、「振動とずんずん進むって感じがええなぁ〜」ぐらいのイメージしかない。

実際乗ってみて、ずんずん進む感じは判った。今までのバイクはスゥ〜と加速していくといった感じ。KDXは爆発的な加速で、油断すると飛んで行きそうでした。

ピストンが1つしかないので、エンジンが爆発するたびにずんずん押し出される感覚。力強いです。

不満は、アクセルの瞬発力がないことです。「単気筒だから当然(友人談)」らしいです。追い抜きをするとき、シフトダウンして加速しようとしても、素早く反応してくれません。山道で攻めてみても、アクセルが素早く反応しないので物足りません。

なんでも、振動を抑えるバランサーが付いているらしく、アクセルの瞬発力がないのは仕方がないことのようです。単気筒が理由ではないのですね。

カスタムすればある程度解消されるようです。

トルク感は心地よくかなり気に入りました。力強さと振動が心地よい。振動は適度にありますが、120Kmぐらい出してもミラーで後方を確認できます。なんでもバランサーが良くて、振動を吸収するかららしいです。以前乗っていたゼファーは120Kmでもう車体がぶれて、ミラーは使い物になりませんでした。

エンストしそうな時に、エンジンが頑張っているのが手に取るように判る。ドッ、ドッ、ドッっと頑張ってます。最近では、わざとエンストしそうな回転数で走らせる時があります。4速のまま交差点で曲がった時、1度エンストし、素早くクラッチを切り3速に落とし再度つなげるとエンジンが生きかえり事無きを得ました。かなり頑張ってくれます(かなり危険だと思います)。


Back to CB400ss
(c)a340