中国情報:中国へ行こう-ビザ(査証)-

[フレームを解除する]

中国へ行こう

ここでは、中国へ行く準備について私が経験したことを元に簡単に紹介します。変化の激しい中国なんで参考程度にしてください。ここに記載している情報は結構古いです。必ずご自身で情報をご確認ください。

主な情報源:中国旅行メーリングリスト

ビザ(査証)

2003年9月1日より日本国籍者は15日以内の滞在であればビザ(査証)の必要がなくなりました。「あさって暇やなぁ〜。中国でも行くか」とお手軽に出かけられるようになりました。しかし、15日以上の滞在にはビザ(査証)が必要です。少しまとめてみました。たくさん種類があり少々驚きました。実際取得する際には、ご自身で旅行会社などで必ず確認をしてください。私自身は「観光1次ビザ」しか取得したことはありません。現地で1回延長手続きはしましたが。

観光1次(L)

観光目的で1回入国可能。有効期間は発行日から3ヶ月。30日間滞在可能。

観光2次(L)

期間内観光目的で2回入国可能。有効期間は発行日から3ヶ月。一回につき30日間迄滞在可能。 ということは、2ヶ月連続して滞在はできないのかな?一旦、出国しないとダメなんでしょうかね。

業務1次(F)

商用目的で1回入国可能。有効期間は発行日から3ヶ月。30日間滞在可能。

業務2次(F)

期間内商用目的で2回入国可能。有効期間は発行日から3ヶ月。一回につき30日間滞在可能。

90日滞在ビザ(F)

商用・短期留学・訪問・考察・友好交流目的で1回入国可能。有効期間は発行日から3ヶ月。90日間滞在可能。これいいですね。昔からあったのかな?これなら時間を気にせず、思いっきり大陸をウロウロできそう。

業務半年マルチ(F)

期間内入出国回数制限なし。有効期間は発行日から6ヶ月。有効期間内に1回30日間滞在可能。

業務1年マルチ(F)

期間内入出国回数制限なし。有効期間は発行日から12ヶ月。有効期間内に1回30日間滞在可能。

業務2年マルチ(F)

期間内入出国回数制限なし。有効期間は発行日から24ヶ月。有効期間内に1回30日間、60日間滞在可能の2種類あり。

留学(F・X)

6ヶ月以内(F)、1年以内の留学(X)。申請に必要な書類はFとXで違います。

就職駐在(Z)

6ヶ月以上1年以内の現地駐在。・1年以上の滞在は、現地で延長更新可能。本人、家族で申請書類が違います。

ポートビザ

通常のビザ(査証)は中国外交部が発給するが、これは緊急用として公安部が発給する。現在、上海空港・北京空港からの入国が可能。どうやら「緊急に15日以上滞在しないといけない」、「パスポートの有効期限が4ヶ月を切っている」などの場合に利用するみたいです。大体入国前日申請で大丈夫みたい。色々調べてみましたが、これ以上詳しくわかりませんでした。

親戚訪問(F)

有効期間は6ヶ月。申請に親族関係の証明ができる戸籍謄本が必要。

団体

観光目的での入国。有効期間:発行日から1ヶ月。5名以上から。

ビザ申請写真

申請の際の写真ですが、デジカメの写真でも大丈夫と聞いたことがあります。最近のデジカメとプリンターなら普通の写真と大差ありませんものね。

-中国ビザ関連リンク-

[ページトップにもどる]

もどる
(c)a340
[to 我最愛的中国 TOP]