中国情報:中国へ行こう-その他-

[フレームを解除する]

中国へ行こう

ここでは、中国へ行く準備について私が経験したことを元に簡単に紹介します。変化の激しい中国なんで参考程度にしてください。ここに記載している情報は結構古いです。必ずご自身で情報をご確認ください。

主な情報源:中国旅行メーリングリスト

その他

「へぇ〜」ということを少し。

トイレ

「ニイハオトイレ」という言葉を聞いたことのある人は多いと思います。個室がなく、ただ溝があるのみ。そこに皆並んで用をたすのです。当然ほかの人と顔をつき合わせながらになります。で、「ニイハオ。昨日何食べたん?」云々と会話が始まります。本当によくトイレで会話をしております。

街中にトイレは多くありますが、日本と違って中国の公衆トイレは、ほとんどが有料です。入り口でお金を払います。紙はほとんど常備されていないと考えておく方がよいでしょう。また、日本のようにトイレに紙を流してはいけません。水に溶けない紙が多いからです。ピンク色のトイレットペーパーは非常に分厚く丈夫でメモ代わりに重宝します(今でもあるのかな?)。

無料の公衆トイレもありますが、治安があまりよくなく、また汚いです。大都市などの観光地のトイレは日本とあまり変わらずきれいなところも多いです。故宮入り口のトイレは美しいです。中に職員がいて、水道の蛇口をひねってくれたいするところもあったりします。最近は、オリンピックを意識して北京市内のトイレはきれいになりつつあるようです。

私が体験したトイレの話を少し。

ヘトヘトになりながらカシュガルに到着し、バスターミナルの目の前のホテルへチェックイン。宿泊料は非常に安かったのですが、ここのトイレが強烈。まず、窓がひとつもなく裸電球がぶら下がるのみ。当然仕切りなどありません。においは目に染み込むほど強烈。薄暗い中、用をたそうと溝を見ると汚物がてんこ盛り。普通にしゃがむとオシリに付くほどの山。ハエなどブンブン飛んでました。

ケリヤでのトイレ。2階建ての丸太小屋。2階で用をたす仕組み。2階には穴が数個開いている。隙間から下をのぞくと・・・。豚がいました。

カラクリ湖でのトイレ。青空の下。周りには万年雪を頂いた8千メートル級の山々。目の前には美しいカラクリ湖。最高の青空トイレでした。

パスポート、ビザ申請用の写真

パスポートやビザの写真はデジカメでもええらしいです。基準は、「鮮明に写っているかどうか」ということらしい。デジカメで撮影して、高画質にプリントアウトすればO.Kだそうです。 ただパスポートの場合、「笑顔」・「服にアルファベット」はダメなんだって。何でやろ? 上記のようにビザ申請用写真はデジカメで大丈夫だったはずなんですが、たまに「印画紙じゃないからあかん!!」と却下される場合もあるようです。

結婚式の祝儀

中国を旅行中、または中国の方から結婚式に招待されました。そこで困るのがご祝儀の相場。まぁ、気持ちが1番大切ですが、ちょこっと紹介。相場は、100元〜200元ぐらい。紅い袋に包んで渡す場合やそのまま渡してしまう場合などあるらしい(物価変動が激しいので今はもう少し多いのかもしれません)。また日本とは違い、偶数が縁起の良い数字なので、100元札2枚がええでしょう。100元なら50元札2枚がええでしょう。「8」も縁起のよい数字なので、わざわざ88元にする場合もあるらしいです。

「白」は、中国ではお葬式の時の服の色なので縁起が悪いと思われがちですが、そうでもないようです。プレゼントなども喜ばれます。しかし置時計は、さけた方がよいでしょう。これは置時計の意味を表す「鐘zhong」が、「終」と発音が同じだからかも。「終」は死を意味します。

結婚式乱入の図

タシュクルガンで息子さんがまもなく結婚するというタジク族のおじさんとベロンベロンになるまで飲んだことがありました。このおじさん曰く、数千人の人が集まるというタジク族の結婚式。招待されたのですが、日程的に厳しくて残念ながらお断りしてしまいました。

ウルムチで町の不良どもと徘徊中に、勢いで結婚式に乱入したこともありました。不良どもは私達を「日本から来た新聞記者だ!」と紹介。すぐにばれて、追い出されてしまいました。

果物を買ったとき

中国ではキロ単位でしか果物・野菜が買えない。私の指を1本立ててりんごを買ったとき、1キロも買って困ったことがある。ひとりだったので食べきれず荷物に…。

ホテル

旅行記にも書いているが、中国のホテルは部屋鍵を渡してくれないところがある。では、どないして部屋に侵入するのか?各階に「鍵開け員」がいて、「鍵を開けてくれ」といちいちゆうのですよ。これが厄介で、機嫌の悪い時は、実にめんどくさそうに、緩慢な動きで開けてくれます。

[ページトップにもどる]

もどる
(c)a340
[to 我最愛的中国 TOP]